【宣伝効果の高い広告媒体】フライヤー印刷は専門業者に依頼しよう

カラーチャート

部数が多いほど単価が安く

フライヤー印刷では、サイズや使うインクの色が多いと、それだけ料金が高くなります。しかし部数が多いと、単価は安くなります。たとえばA6サイズのフルカラーのフライヤーでも、1万部以上印刷すると、単価が1円以下となるのです。また、コート紙が使われることが一般的ですが、マット紙や上質紙なども指定できます。

詳しく見る

印刷

お手軽な広告手段

チラシやフライヤー印刷は価格が安く即納性も高いネット印刷が便利です。オフセット印刷やインジェクトプリンター印刷などそれぞれの特徴を活かしたサービスが提供されています。デザイン性の高いチラシやフライヤーをかんたんなテンプレートで作ることができます。

詳しく見る

チラシ

フライヤーは手軽な広告物

フライヤーは1枚物の印刷物で、通常のチラシよりもサイズが小さいのが特徴です。小型な分、イベントの開催日程を告知するなどシンプルな内容を宣伝するのに適しています。ネット経由で手軽にフライヤー印刷を発注できる業者も少なくありません。

詳しく見る

CMYK

チラシを作る

チラシは商品やサービスを広く知ってもらうために配る印刷物ですが、近年はフライヤーという言い方もされます。チラシもフライヤーも意味は同じですが、一般的にはA4サイズ程度のものがフライヤーと呼ばれます。このためフライヤー印刷では格安で提供しているところも多くあります。

詳しく見る

男の人

見た目やオプション加工

フライヤーはインパクトが大事なので、フライヤー印刷は美しく印刷できる業者に依頼することが大事です。サンプルを見せてもらうと、用紙やインクの質などを確認できます。また、オプション加工の確認も肝心です。オプション加工次第で、有効利用されやすくなったり捨てられにくくなったりするからです。

詳しく見る

高い宣伝効果を手軽に

男女

デザインも依頼可能

現在では禁止されていますが、一昔前はヘリコプターなどを使っての、上空からのチラシ配布が行われていました。風に乗って舞い降りてくるわけですから、このチラシはフライヤーと呼ばれていました。空を飛ぶという意味を示す、英単語のフライから名づけられたのです。フライヤーは、風に舞いやすいようにと折り込みチラシよりもやや小さめのサイズとなっています。そのことから、上空からの配布が禁止された現在でも、小ぶりなチラシはフライヤーと呼ばれています。小さい分、フライヤーは記載内容が少なめですが、だからこそ読みやすく、見た人の印象に残りやすいと言えます。歩きながらでも内容を把握できるので、街頭で配られることも多々あります。そのことから多くの企業やショップが、宣伝のために印刷会社にフライヤー印刷を依頼しています。フライヤー印刷では、指定したデザインのフライヤーを作ってもらえます。デザイン原稿はインターネット上で手軽に入稿できますし、部数にもよりますが、早ければ3営業日ほどで印刷が終わり、納品されます。さらにフライヤー印刷では、デザインそのものも印刷会社に任せることが可能です。コンパクトだからこそインパクトが大事なフライヤーですが、そのことを熟知している印刷会社なら、より宣伝効果の高いデザインのフライヤーに仕上げることができるのです。このように手軽な上に品質の良いものとなるので、フライヤー印刷の需要は高く、近年では宣伝だけでなく募金活動などにも活用されています。

Copyright© 2017 【宣伝効果の高い広告媒体】フライヤー印刷は専門業者に依頼しよう All Rights Reserved.