【宣伝効果の高い広告媒体】フライヤー印刷は専門業者に依頼しよう

部数が多いほど単価が安く

カラーチャート

用紙の選択も可能

印刷会社によるフライヤー印刷の料金は、サイズと使うインクの色の数によって決まってきます。基本的には、サイズが大きくインクの色が多いほど、料金が高めになります。たとえばA6サイズのフライヤー印刷では、モノクロの場合は1枚あたり約2円、両面フルカラーの場合は約4円になります。B6サイズのフライヤー印刷だと、モノクロで1枚約3円、両面フルカラーで約6円となるのです。ただしこれは、印刷部数が500部ほどの場合の単価です。フライヤー印刷では、部数が多くなればなるほど、単価が安くなります。なぜなら印刷では最初に版を作ることになるのですが、そこに最も手間暇がかかるからです。版さえ作ってしまえば、その後は機械が自動で次々に印刷していくので、時間はかかりますが手間暇は多くはかかりません。そのため人的コストの観点から、単価が安めに設定されているのです。具体的には、A6サイズのフライヤーを5000部印刷する場合、両面フルカラーでも単価は約1円となります。そして部数が万単位になると、単価は1円以下になるのです。そのためフライヤー印刷は多くの場合、商品やサービスの宣伝のために、大量発注されています。単価が安くなる上に、多く配布することになる分、高い宣伝効果が期待できるからです。またフライヤー印刷には、通常はコート紙が使われますが、落ち着いた色合いのマット紙や、厚みのある上質紙も使用できます。品質が良い分単価はアップしますが、部数が多いとやはり安くなるので、それによる帳尻合わせが可能となるのです。

Copyright© 2017 【宣伝効果の高い広告媒体】フライヤー印刷は専門業者に依頼しよう All Rights Reserved.