【宣伝効果の高い広告媒体】フライヤー印刷は専門業者に依頼しよう

チラシを作る

CMYK

チラシとフライヤー

チラシを作る方法はいくつかありますが、一般的には印刷業者に依頼して作ってもらうという方法になります。以前はチラシ印刷という一括りでしたが、近年はフライヤー印刷という言葉も使われるようになっています。フライヤー印刷のフライヤーは英語でflyerまたfierと表記してチラシのことです。フライヤーはチラシを意味し厳密な違いはありませんが、一般的にはフライヤーはA4サイズ程度のものを指しており、それ以上のサイズはチラシと呼ばれます。いずれにしてもAサイズ程度と限られた大きさのものであるためフライヤー印刷では価格も安く持ち運びも簡単に行うことができます。フライヤー印刷といってもその種類は豊富です。紙のサイズは限定されますが、インクや紙に違いがあります。安価なものとしてはモノクロで印刷することもできますし、フルカラー印刷も可能です。一方で紙面の色と比べてより重要なのが紙の質です。紙としてはコート紙、マット紙、上質紙などがあります。コート紙は発色性に優れているので写真を多用したい場合には向いていますが、加筆性は劣ります。一方で上質紙は加筆性に優れているので受け取った人が書き込みをしたいといったタイプのチラシを作るのに向いています。マット紙はオールマイティーに使うことができます。また厚さもポイントです。紙の厚さは重さで表現され70kgでコピー紙程度、110kgでパンフレットなどに使われる厚みとなっています。厚みがあるほど重厚な感じを与えられます。

Copyright© 2017 【宣伝効果の高い広告媒体】フライヤー印刷は専門業者に依頼しよう All Rights Reserved.